生活

【エアコン】水飛びでお困りの方必見!水飛びの3つの原因と対策を解説。水漏れしなくなる方法を紹介!

eakon_mizumore

エアコン使用時に困る水飛びのよくある原因について紹介していきます。

 

エアコンの水飛びのよくある原因

  1. 室内機の汚れが原因
  2. ドレンホースの詰まり
  3. 冷媒漏れ

 

エアコンの水飛びのよくある原因と対策

  1. 室内機の汚れが原因

eakon_hokori

エアコンの吹き出し口から、運転中に水が飛んでくる場合は汚れの原因が高いです。

エアコンを取り付けてから3年程でも一度も掃除していないと、発生してもおかしくといえます。

室内機に汚れがたまると、ニオイの発生や、能力の低下や電気代が高くなることに繋がります。

室内機汚れによる悪影響

  • 臭いが発生
  • 水飛びの原因
  • 冷暖房能力の低下
  • 電気代が高くなる

各メーカーでは2週間毎のフィルター掃除を推奨しています。

忙しい人は2週間毎のフィルタ掃除は難しいので、少なくとも使用シーズンが終わるごとに掃除をしましょう。

フィルタ掃除は各メーカー大体やり方は同じです。

参考までにフィルタ掃除のやり方の記事を貼っておきます。

エアコンのフィルターの掃除方法・頻度を紹介します!1シーズンに1回は掃除しましょうどーも!ペンギンです。 ムシムシした日が続いていますね。エアコンを使う人も徐々に増えてきたともいます。 エアコンの掃除がおっ...

 

また、長年使ったエアコンの中は汚れが溜まっています。

5年以上使用したエアコンにはほこりが溜まってしまっている場合が多いです。

フィルタを通過したほこりは下記の箇所に多くほこりが溜まります。

室内機の汚れたまる箇所

  • 熱交換器70%
  • カンリュウファン15%
  • 通風路5%

↑熱交換器の汚れの写真です。

 

  1. フィルタに大きなホコリが付着
  2. 熱交換器に中程度の大きさのホコリが付着
  3. ファンに小さいホコリが付着

上の3ステップでホコリが溜まっていきます。

これらの汚れを落とすには、エアコンの内部を洗浄する必要があります。

個人で洗浄すると故障の原因になるので、室内機の内部洗浄は専門業者に依頼しましょう。

※取扱説明書にもエアコンの内部洗浄は専門業者に依頼するよう記載されています。

フィルタ掃除は自分でできる!

室内機の内部洗浄は専門業者に依頼しよう

メーカーの修理サービスでクリーニング依頼すると高額です。

お掃除専門業者に依頼するのがおススメです。メーカーサービスと比べて半額以下の価格でクリーニングできます。

東京・千葉・埼玉・神奈川の首都圏に対応してます。

わかりやすい価格体系で水回りのトラブルにも対応しているので安心です。

リベンライズ公式サイト

 

豆知識

冷房シーズンが終わってしばらく使用しないときは、送風運転で半日ほど(6時間程度)運転をかけ、室内機の内部を乾燥させるとカビの発生を抑えることができます。

オフシーズに入るときにぜひ実施してみてください。

  1. ドレンホース・ドレンパンの詰まり

このケースだと、エアコン運転中に吹き出し口から水漏れするように水が飛んできます。

ドレンパンがほこりなどで汚れてしまったり、環境によってスライムが発生してしまうと、ドレンパンが詰まってしまいます。
熱交換器で発生する結露水が行き場をなくしエアコンの吹き出し口から水漏れを起こします。

ドレンホースの詰まりも同様で、ドレンホースは思ったより細いので、小さいゴミや不純物が詰まりの原因になりえます。

ドレンホース詰まりの場合、Amazonでも売っている道具を使えば改善できるようです。

知識のない方は難しいので、専門業者に依頼しましょう。もしくは賃貸の人は管理会社に確認してみましょう。

  1. 冷媒漏れ

エアコン内部には冷媒(ガス)が流れており、これが循環することで冷たい風や温かい風を出します。

冷媒がどこからか漏れてガス漏れを起こすと、冷房運転時に熱交換器の周りの冷媒にムラができます。
その結果通常より多くの水滴が発生します。その結果エアコンの吹き出し口から水漏れを起こすことになります。

改善するにはガス漏れ箇所の特定を行い、該当箇所の修繕か、ガス漏れを起こしている部品交換を行う必要があります。

ガス漏れ箇所の特定には高額な修理費がかかる場合があるので、10年以上使用の場合は入れ替えをオススメします。

eakon_kouji

まとめ

エアコンの水飛びのよくある原因

  1. 室内機の汚れが原因
  2. ドレンホースの詰まり
  3. 冷媒漏れ

エアコンの水飛びの原因は大体上の3つに大別されます。

中には現地特有の原因や他の原因があるのでその点は注意ください。

設置してすぐの水飛びの場合は製品の不良も考えられるので買ったお店かメーカーに相談したほうがいいです。

何年か使用して水飛びの場合は上記のいずれかの原因に当てはまる可能性が高いので、
参考にしてみてください。

7~8月のエアコンのシーズンになるとどうしても修理や洗浄の依頼が増えるので、
シーズンを外した方が迅速に動いてもらえるようです。

記事中でも紹介したエアコンクリーニングのリベンライズはクリーニングの専門業者なので

是非この機会にご利用してみてください。

リベンライズ公式サイト