ヒゲダン

【感想】official髭男dismオンラインライブ!セットリストも紹介!

 

2020年9月26日(土)20:00~22:00に行われたofficial髭男dismのOnline LIVEの感想をお届けします。

オンラインライブならではの演出や音へのこだわりを感じる素晴らしいライブでした。

この記事はこんな方に向けて書いています。

  • official髭男dismのonlineLIVEの感想を見たい方
  • official髭男dismのonlineLIVEの曲目・セットリストを知りたい方

まずは気になる曲目からです。

また2020年9月30日(水)23:59まで見逃し配信でU-NEXTで視聴可能なのでまだの方はぜひこの機会に見てみてください。

無料特典でもらえる600ptをライブ配信視聴料に充てられるので実質1600円(税込)で視聴可能です。

(U-NEXT公式サイト)

onlineLIVEセットリスト

ミュージックビデオ

【LIVE前】

 

  1. HELLO
  2. 宿命
  3. ノーダウト

 

【MC】

  1. パラボラ
  2. ビンテージ
  3. Rowan
  4. 夏模様の猫
  5. イエスタデイ
  6. Laughter
  7. たかがアイラブユー

 

【MC】

  1. 115万キロのフィルム
  2. 異端なスター
  3. 旅は道連れ
  4. 夕暮れ沿い
  5. FIRE GROUND
  6. Stand By You
  7. Pretender
  8. I LOVE…

 

【MC】

  1. ラストソング

 

=エンドロール=

リハーサル映像 日曜日のラブレター

 

最新曲からライブの定番曲まで満足のセットリストでしたね。

 

以下、ネタバレを含む感想を述べていきますので、事前情報なしでこれからLIVEを観る方はここでページを閉じてください。

 

ヒゲダンOnlineLIVEの感想

 

ミュージックビデオ【LIVE前】

 

LIVEは20時からでしたが19時半から開場ということで、19時半からスタンバイ。iPadiをテレビにつないでお酒とおつまみを用意して待機していました。

 

LIVEが始まるまではヒゲダンのMVが流れていて、本当のLIVEに来ているような高揚感を味わえました。

 

1.HELLO

2.宿命

3.ノーダウト

 

ヒゲダンの新曲である『HELLO』からLIVEがスタート。音の良さに感動しました、普段聞いているYouTubeを1とするなら10といっても過言ではない音質でサウンドへの強いこだわりを感じました。

『熱闘甲子園』のテーマソングにも使われた『宿命』、ドラマ主題歌で使われ一躍ヒゲダンの名を世に知らしめた『ノーダウト』が続き、開幕から盛り上がりは最高潮に達します。

 

【MC】

4.パラボラ

5.ビンテージ

6.Rowan

 

3曲終わったところでMCが入り挨拶とこのOnlineLIVEに懸ける想いをさとっちゃんことvo藤原聡さんが説明。

「OnlineLIVEをツアーライブの代替にしたくない。OnlineLIVEだからこそできることをやりたい」と仰っていたのでこのライブへの強い想いを感じることができました。

 

CMでも話題の新曲『パラボラ』を披露。やっぱり歌詞がすごくいい。『ビンテージ』『Rowan』と続きます。恥ずかしながら『Rowan』は初めて聞きましたが、いい曲ですね。

 

7.夏模様の猫

8.イエスタデイ

9.Laughter

10.たかがアイラブユー

 

『夏模様の猫』と休むことなくスローテンポのバラードが続き、自分がヒゲダンを好きになったきっかけの『イエスタデイ』が続きます。ヴァイオリンの音がしっかり利いていてよかったです。

映画主題歌の『Laughter』、LIVE定番曲の『たかがアイラブユー』が続きます。

『Laughter』は聴けば聴くほどいい曲だと感じます。『たかがアイラブユー』はイントロからカッコよく、いつもYouTubeで聞いていましたが、LIVEで聴けて心底うれしかったです。

 

【MC】

11.115万キロのフィルム

12.異端なスター

13.旅は道連れ

14.夕暮れ沿い

 

ミドルテンポバラードが『115万キロのフィルム』、『異端なスター』『.旅は道連れ』『.夕暮れ沿い』と4曲続きます。

『115万キロのフィルム』は今年映画主題化にもなり説明不要のラブソング。LIVEで聴くとまた格別ですね。『異端なスター』は事前特番でファンのアンケートで1位になっている名曲。『異端なスター』が『Pretender』や『I LOVE…』を抑えて1位だったのは驚きでしたね。

『.旅は道連れ』『.夕暮れ沿い』のコンボで一気に哀愁漂う切ないムードに。

 

15.FIRE GROUND

16.Stand By You

17.Pretender

18.I LOVE…

 

休むことなく王道の4曲が続きました。

『FIRE GROUND』ではライブお決まりの大ちゃんことgt小笹大輔さんのイントロでのシャウトで始まります。演出も凝っていてLIVEで一番盛り上がりを見せたのではないでしょうか。

会場がひとつになる『Stand By You』ではオンラインではありましたが観ている人達とヒゲダンがひとつになったと確信しました。

盛り上がりを見せるままここで『Pretender』が登場。ここまで温存してここで『Pretender』を出せるヒゲダンのヒット曲の多さ、神曲の多さに脱帽。ラストサビのアレンジに「これを聴きたかったんだー!!」と思ったファンの方も少なくないはず。

そしてドラマ主題歌で2020年旋風を起こした『I LOVE…』。万感の想いでLIVEを見守りました。(←誰?)

 

【MC】

19.ラストソング

 

そして次が最後の曲であると告げられ、あっという間だったとすべての人が思ったはず。アンコールあるのかな?なんて思いながら最後の曲は何かなと思いを巡らせていました。

 

このOnlineLIVEの最後の曲は『ラストソング』納得しかない曲選ですね。

「もっと歌いたいのにな~」に涙した人も多かったのではないでしょうか。

 

=エンドロール=

リハーサル映像 日曜日のラブレター

 

時間の関係かアンコールはなくライブ後はエンドロールがリハーサル映像とともに流れて終了。曲は『日曜日のラブレター』が流れていました。

 

ライブ終了後しばらく感動で呆然としながら「ライブは終了しました」と書かれたテレビの画面を眺めていました。

 

初めてのOnlineLIVE、ヒゲダンのライブ自体も初めてでしたがとてもよかったです。

OnlineLIVEでは家でくつろぎながらライブを楽しめるので、飲食をしながら観ることもできますし、場所を問わず観ることができるのでけっこうメリットが大きいと思いました。

ヒゲダンは人気のグループですし、チケットを獲れないファンの方が多くいることが予想されますし。

 

生のLIVEがいいという方も多数居ると思うので今のコロナが落ち着けば徐々に生のライブ開催も戻るかと思いますがオンラインライブという選択肢もぜひ残してほしいなと今回のライブで思いました。

 

また今回セットリストに入らなかった曲の中にも名曲は多数あり、『ブラザース』『最後の恋煩い』『Escaparade』『発明家』『Amazing』『コーヒーとシロップ』なんかはぜひ次のライブで聴いてみたいと思いました。

 

希代のヒットメーカーであるヒゲダンは今後も名曲を世に生み出すことは間違いないので、どんどんライブの曲も新しい曲が入ることが予想されます。

 

そのためライブで聴ける曲が『今だからこそ聴ける』というプレミア感でますますヒゲダンのライブが人気になっていくのではないでしょうか。

 

長くなりましたが最後に一つだけ。

 

今回のオンラインライブは最高でした!そして次回があれば次回のヒゲダンのオンラインライブも必ず観ます!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

繰り返しになりますが、ヒゲダンのonlineLIVEがみれるのは9月30日23:59までとなっていますのでまだの方はお見逃しなきように!

無料特典でもらえる600ptをライブ配信視聴料に充てられるので実質1600円(税込)で視聴可能です。

(U-NEXT公式サイト)