生活

【レビュー】砂町銀座商店街アクセス・おすすめポイントを紹介!

どーも!ペンギンです。

先日足を伸ばして江東区砂町にある『砂町銀座商店街』に行ってきました。

『砂町銀座商店街』はテレビに度々出る有名な北砂にある650m続く有名な商店街。食べ歩きで有名な商店街です。

食べ歩きのお店も充実していましたが、生活に必要な衣料品や雑貨、病院もそろっているので生活に必要なものが揃います。

砂町銀座商店街のおすすめポイント!

  • 食べ歩きがとっても楽しい商店街
  • 食べ物だけでなく、病院やドラッグストア、スーパーもあり生活に必要なものが揃っている
  • 寿司・パン・ラーメン・お肉・乾物など食べ物が豊富に揃っている

砂町銀座商店街のアクセス

砂町銀座商店街の住所

住所〒136-0073 東京都江東区北砂1 3丁目 ~5丁目付近

行き方

・東京メトロ東西線『南砂町駅』から徒歩20分くらい

・東京メトロ東西線『東陽町駅』から[都07]錦糸町駅前行『北砂二丁目』下車徒歩2分

住所は上記の通りです。大型ショッピングモール『アリオ北砂』から徒歩10分800m程のところに商店街があるので、『アリオ北砂』に行ったついでにいくのもいいかもしれませんね。

砂町銀座商店街の歴史

「砂町銀座」という名前が生まれたのは遡ること昭和7年、当時日本一の商店街であった銀座通り商店街に負けないようにとの思いを込めて命名されました。
戦前は30軒程度の小さな規模でしたが、これも昭和20年の東京大空襲で1度焦土と化し焼け野原に。
現在の形にまで復興を果たしたのはそれから18年後の昭和38年ごろのこと。
廉価な生鮮3品(野菜、肉、魚)を筆頭として、近隣住民と共に少しずつ発展していきます。
昭和50年代に入ると、大規模な公団住宅やマンション建設が進んで、周辺人口が一気に増加。この人口増加に伴って、様々な業態の店舗が増えていきました。
毎月10日に開催する「ばか値市」や8月上旬に3日間開催する七夕祭りなどイベントや催事も充実し、平日で約15000人、休日でのべ20000人ほどが訪れる活気ある商店街へと成長します。
「昭和の雰囲気を色濃く残す人情商店街」や「1度は訪れてみたい商店街」など、様々な表現で各種メディアにも大きく取り上げられ、今では江東区随一の商店街となりました。

『砂町銀座商店街公式サイト』より引用

公式サイトにありますが、歴史は古く昭和7年から当時の人たちの思いを込めて発展を続けてきた砂町銀座商店街ですが、今では平日でも1万5千人を超える人たちが訪れる商店街として地元で愛されています。

イベントも盛んに行われており、地域の活性化に大きく貢献しています。

私も平日に訪れましたが、平日にも関わらず大勢のお客さんで賑わっていました。

砂町銀座商店街のお店

『砂町銀座商店街』は衣食住全てが揃っている商店街です。

食べ歩きで有名な総菜屋・魚屋・パン屋・肉屋・八百屋の他にも、病院やスーパー、薬局が軒を連ねており、まさに生活において必要なものがこの商店街で完結します。

砂町銀座商店街の感想

私が行ったのは『砂町銀座商店街』西口から入って通りを進んでいきました。

平日の昼前で小腹を空かせながら歩いていたところたい焼き屋さんがあったので入りました。

「夏限定の冷やしたいやき」に引かれてつい買ってしまいました!

冷え冷えで出てきます!あんこかカスタードが選べて1個250円。ホイップも入っているので、お得感たっぷりです。

袋に入っていてしっぽ側から食べれるようになってました。たい焼きを頭から食べたい派の方はひっくり返して食べてみてください。自分はしっぽ派なのでそのままいただきました。(誰も聞いていない・・・)

夏にたい焼きを外で食べたいと思う方は少数派だと思いますが、この冷やしたい焼きなら暑い夏でもおいしく食べることができます。店内に座ることができるスペースもあり、冷たいお茶も無料で頂けたので満足感が大きかったです。ごちそうさまでした。

そのあとまだおなかが空いていたので、少し進んだところにあったお肉屋さんで焼き鳥を買いました。

焼き鳥がよりどり2本で100円だったので思わず買ってしまいました。(ねぎまとモモを購入)焼き加減が丁度よく、2本で100円は鳥貴族もびっくりですね。美味しかったです。

その他にも美味しそうなラーメン屋さんや、味噌屋さんがありましたが時間の都合上寄れず・・・次回リベンジしようと思います(‘ω’)ノ

まとめ

砂町銀座商店街の魅力

  • 食のアミューズメントパーク
  • 古き良き時代が残っていて落ち着く&懐かしい

今回初めて『砂町銀座商店街』に遊びに行きましたが、非常に楽しかったです。

目的を決めずにブラっと立ち寄ってもきっと自分の食べたいものに出会えるそんな素敵な商店街だと思いました。

気軽に入ってサクッと買えるお店ばかりなのでぜひ老若男女問わず行ってみてはいかがでしたでしょうか。

また、お土産になるような乾物やパン、お寿司・魚などもあるので家族に買っていってあげると喜ばれること間違いなしです。