生活

今日の夕飯何がいい?「なんでもいい」に有効な「誰でもできる」具体的解決策2選!

どーも!ペンギンです。

「今日の夕飯何がいい?」「なんでもいい」と言われて困っている全国の主婦(夫)の方!

今日はそんな困っている方向けの「なんでもいい」と言われたときの具体的対策を2つご紹介していきます。

この2つを究めたら、今後レシピ選びに困らないこと間違いなしです。

こんな方におすすめ

  • パートナーに夕飯を聞いても「なんでもいい」が返ってくる方
  • 「なんでもいい」と言われて腹が立っている方

 

そもそも「なんでもいい」と答える人はどういう気持ちで答えているか考えてみました。おおよそ下記の通りだと思います。

「なんでもいい」と答える人の心理

  1. たくさんある料理の中から選ぶのが根気がいる
  2. 相手が作ってくれる料理ならなんでもおいしく食べる
  3. 家にいてリラックスしているから選ぶのが面倒くさい

なんでもいい」と答える人の心理的ハードルを取り除いてあげれば、何が食べたいか答えてくれると考えました。それでは、ご紹介していきます。

①「なんでもいい」と言われたときのレシピを決めておく

1つ目は、あらかじめ「なんでもいい」と言われた場合出す料理を決めておき、共有しておくという手段です。

方法としては、夕飯を聞いた時に相手から「なんでもいい」と言われたら、次から「しょうが焼き」にするねとあらかじめ共有しておきます。そうすると相手は、「なんでもいい」と言った場合「しょうがやき」になることから、じゃあそれより食べたい物を頭の中で探すことになります。そうすると、今は「しょうが焼き」より「ギョウザ」を食べたいだったり、「焼き魚」が食べたいという感覚になります。
「なんでもいい」と言われたときに、出す料理を決めておき共有しておく方法いかがでしょうか。自分も迷わずに済みますよ。

 

②カテゴリーを絞って聞くex)「和食だったら~?」「中華だったら~?」

①の「なんでもいい」と言われたときのレシピを決めておくと併用してもOKだと思うのですが、カテゴリーを絞って聞いてあげる方法です。相手も「今日の夕飯何がいい?」と聞かれると無数にあるレシピを頭の中で探すのが大変です。そこで聞き方をある程度絞ってあげます。
和食だったら何がいい?」と聞いてあげると、相手は選ぶのが楽になります。和食だったら「肉じゃが」とか出てくるかもしれません。「洋食だったら何がいい?」と聞けば、「パスタ」と答えたり、「オムライス」と答えてくれるかもしれません。
「パスタの味は?」と聞くとおそらく「なんでもいい」と返ってくるので、その場合は「ミーとソース、カルボナーラ、ぺペロンチーノ」だったら何がいい?と聞いてあげましょう(笑)

カテゴリーを絞って聞いてあげることで、相手の選択肢が狭まって答えるのが楽になりますね。ビジネスでも大切ですが、質問力が大切になってきますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。夕飯の献立を考えるのも、家族の大事なコミュニケーションなので聞く側も聞かれる側も相手を思いやることが大切ですね。
「なんでもいい」にもっと有効な解決策があればペンギンに是非教えてください。それではまた次回お会いしましょう!