読書

【感想】有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。

どーも!ペンギンです。

読み逃してしまっているけど読み直すには腰が重い文学作品の1つや2つ誰にでもありますよね?

そんなときにオススメなのが今回紹介する『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』(著:ドリヤス工場)です。

この本ではタイトルの通り有名文学作品を10ページ程の漫画でサクッと内容を理解できるものになっています。

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。作品一覧

特に有名な(自分が知っている)作品一覧

人間失格 太宰治

山月記 中島敦

檸檬 梶井基次郎

舞姫 森鴎外

注文の多い料理店 宮沢賢治

三四郎 夏目漱石

雪の女王 アンデルセン

羅生門 芥川龍之介

ごん狐 新美南吉

たけくらべ 樋口一葉

ラプンツェル グリム兄弟

風立ちぬ 堀辰雄

上記他計25作品を10ページ程の漫画で読むことができます。

既に知っている作品を漫画で再び味わうのも面白かったですし、初めて読む作品を漫画で知ることができ、非常に勉強になりました。

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。感想・まとめ

いい点

  • 10ページ程で大体作品の概要を理解できる
  • いい感じにはしょられているので、その文学作品を読みたくなる
  • 結論がぼやかされている

 

悪い点

  • ものによっては内容が理解できない(はしょられすぎて)
  • 絵に癖があるので好き嫌いが分かれるかもしれない

短時間で有名すぎる文学作品を漫画でサクッと読めるというのは新しい変わった試みで大変面白かったです。25作品をすべて文庫本で読もうと思ったらとんでもなく時間がかかりますよね。

有名文学作品を短い時間で概要を理解して、気になった本を文庫本でガッツリ読むことができるので忙しい現代人に合った本ですね。

教養をつけたい社会人や勉強中の学生の方にオススメの本です。

執筆現在ではamazonプライム会員の方はprime readingで無料で読めるのでぜひ読んでみてください。

prime readin公式サイト