FIFA20

【FIFA20】監督キャリアモード プレイ日記#8 英3部プレーオフがスタート!

前回までのあらすじ

Penguin率いるオールダムは就任3年目にして英3部のプレイオフ出場権をギリギリで掴んだ。

オールダムは英2部昇格を懸けて昇格の1席を3位~6位のチームで競うことになった。

プレイオフ

プレイオフ初戦の相手は3位のユベントリーシティに決定した。ユベントリーシティは今シーズン得点79失点45とどちらもオールダムを上回る記録を残しており格上の相手だ。

チームの実力を比較しても相手の方が安定しており100回試合すれば6割向こうが勝利するだろう。

しかし、プレイオフは短期決戦。

1試合の中で相手を上回ればいい。

試合がスタート

プレイオフ1回戦はホーム&アウェー方式で行われる。

初戦はユベントリーシティのホームスタジアムで行われた。

前半10分チャンスが訪れた。

右サイドを駆け上がった9番のBORJAがキーパーとの1対1を制し、先制に成功。

キーパーとの1対1を冷静に左隅に流し込み先制。

その後互角の展開が続き前半を1-0で折り返す。

試合の流れが変わったのは後半20分。

ボールポゼッションを高めたユベントリーシティがサイドからのクロスに9番が合わせ、1対1の同点に追いつく。

その後、勝ち越しを目指すオールダムは再三チャンスを作る。

しかしながら、ユベントリーシティの献身的な守備に阻まれそのまま試合が終了。

初戦のアウェー戦は1-1のドローで試合が終了した。

アウェーで格上にドローかつアウェーゴールを奪えたことは大きいが、試合終盤押していただけに勝利し相手にプレッシャーをかけたかっただけに悔しさを覚えたPenguinだった。

プレイオフ準決勝2戦目

試合前のミーティング

Penguinは選手、スタッフを集めロッカールームでミーティングを始めた。

まずは前回の試合だが非常によくやってくれた。

その結果、ディフェンスはわずかに相手の方が上だが、中盤、アタッカーはうちの方が上だ。

サイド攻撃が有効に効いていた。今回はサイドバックも攻撃に積極的に参加し、90分攻め続けよう。

この試合に必ず勝利し、必ず決勝に進もう!

ホームでのプレイオフ準決勝第2戦がスタートした。

Penguinからの鼓舞の効果もあったのか、オールダムは初戦以上の動きを見せた。

前半18分エースGelhartのゴールで先制に成功。

右手で相手DFをしっかりブロックし、ゴール奪取に成功。

相手のユベントリーシティも黙っておらず。

前半40分にワンチャンスをものにされ1-1に追いつかれる。

運命の後半戦

拮抗した試合が後半も続く。

拮抗を崩したのはオールダム。

後半36分左サイドを抜けたAshrefがフリーで左足を振りぬく。

ボールは右隅に吸い込まれるようにして、オールダムが勝ち越しに成功した。

試合はそのまま2-1で終了。

2戦合計3-2で勝利し、決勝進出に成功した。

プレイオフ決勝

喜ぶのはまだ早い。

準決勝から4日後リーグ1プレイオフの決勝が行われた。

対戦相手は4位のウィコム・ワンダーランズ。同5位のチャールトン・アスレティックを3-2で下しての決勝進出。

オールダム同様激戦を乗り越えての決勝進出だ。

ウィコムはプレイオフ出場チームの中で最もシーズン中チーム得点が高いチームだ。

決勝は他のカップ戦と同じようにワンマッチで行われる。

運命の1戦の幕が切って落とされた。

前半4分いきなり試合が動く。

オールダムのファンタジスタEngelがいきなり魅せる。

フリーでボールを受けたEngelが簡単に先制点を挙げる。

自力で勝るウィコムも黙っていない。

ウィコムのMF25番SancelがオールダムDFのスキを突きゴール。

1-1に追いつく。

1-1に追いつかれ激を飛ばすPenguin。

この日はEngelが止まらかった。

前半20分に抜け出し、ゴール。

2-1にし、試合を優位づける。

続く前半22分にさらに個人技でゴールを挙げる。

前半だけでハットトリックを達成するEngel。

この後も、Engelが1点を追加し、最後はエースのGelhartが追加点を上げて試合終了。

接戦が予想された大方の予想に反してオールダムが終始ウィコムを圧倒し、英2部への昇格を掴んだ。

チームとしてトロフィーを初めて獲得。

プレイオフながら初タイトルの獲得は嬉しい。

 

抱き合うチームメイトたち。

喜ぶAsrefとDarcy。

 

試合後Engleを褒め称えるPenguin。この調子で上の舞台でも活躍を続けてほしい。

シーズン終了

3年目のシーズンで連続昇格に成功し、3年で英4部から英2部への昇格を決めた。

来季はいよいよ英2部での戦いが始まる。英2部はプレミアリーグを経験しているチームも多数存在する。

英3部、4部とは比べ物にならない。幸い3年でここまで来れたから残りの7年でチャンピオンズリーグ優勝を目指す。

優勝から逆算するとどんなに遅くとも9年目でプレミアリーグで4位以内に入りチャンピオンズリーグ出場権を得ないといけない。

プレミアで足踏みすることを考えると2部は2年ないし、3年でプレミア昇格を目指す。

 

フロントからの評価は今回も低かった。

ユース選手の試合出場目標を達成できなかったり、2部に自動昇格を果たせなかったことからだ。

2部自動昇格の目標を3部昇格したばかりの監督に課すのは酷だとは思うが、首にならないように気をつけていく。

クビになったまさかの話はこちらから読める

【FIFA20】監督キャリアモード プレイ日記#2 最初のシーズンが開幕!序盤から絶好調!今回はプレイ日記第2回。イングランドリーグ4部に就任したPenguin Emperor氏はシーズン前に30歳以上の控え選手とOVR50台...

次回は4年目のシーズンいよいよプレミアに王手!英2部リーグをスタートする。