テニス

全日本テニス選手権2019女子決勝を観戦!秋田選手の悔し涙に感動!

2019年11月2日(土)に有明テニスの森公園で行われた『三菱 全日本テニス選手権94th』 女子決勝を観戦しました。

女子の決勝はほとんど事前知識なしで見ましたが20歳の本玉真唯選手VS29歳の秋田史帆選手の試合。

 

男子準決勝の島袋選手VS清水選手の試合感想はこちらから読めます。

全日本テニス2019男子シングルス準決勝を観戦!島袋選手と清水選手の意地と意地のぶつかり合いに興奮!2019年11月2日(土)に行われた『三菱 全日本テニス選手権94th』男子シングルス準決勝第1試合を観てきました。 準決勝の前に...

女子決勝 本玉真唯選手VS秋田史帆選手

令和に入って初の女子決勝は対照的な選手によるカードとなりました。

本玉選手は世界9大ジュニアタイトルである『世界スーパージュニアで優勝」を残すなどジュニア時代から輝かしい若手のホープ。高校卒業後プロに転向。タイトルはまだなく、全日本テニス選手権初の決勝進出。

もし勝てばこれがプロ転向後初タイトル。初タイトルが全日本ともなれば縁起がいいですね!

一方秋田選手は一昨年の全日本テニス選手権2017の準優勝経験もある実力者。2度目の決勝で悲願の初優勝を目指します。

初タイトルか悲願の優勝か対照的な2人はテニスも対照的でした。

本玉選手はライジングショットが得意で速いテンポのテニスで相手の時間を奪うスタイルのテニス。神尾米さんがコーチということもあり、神尾さんを彷彿とさせるようなライジングショットが数多くありました。自分から攻めるのも得意ですが、相手のテニスに合わせて戦術を変えることのできる柔軟さを感じました。

秋田選手はフォアハンドが非常に強力で攻撃敵スタイルのテニス。相手がどんなプレースタイルであっても攻撃的スタイルを貫くように感じました。日本人でこれだけフィジカルの強い選手がいるのだと驚かされました。

バックハンドも素晴らしく甘い球があればコートに入って力強いショットを打つことができます。

カウンターパンチャーの本玉選手とアグレッシブベースライナーの秋田選手による決勝。

日本女子を代表する柔と剛の頂上決戦となりました。

第1セットは秋田選手が圧倒

試合前の練習から秋田選手の気迫が前面に出ており、彼女の優勝に懸ける思いがプレーからひしひしと感じました。

立ち上がりは力が拮抗するも第1ゲーム、第2ゲームを本玉選手が連取。

本玉選手のフォアハンドのストレート、逆クロスがダウンザラインに綺麗に決まるのが印象的で、彼女のショットの中でも一番の武器であると感じました。

特別速い球ではないものの、秋田選手のバックハンドの厳しいところにいっていた為、何度も体勢を崩しポイントに繋げていました。

第3ゲームから流れが変わります。

秋田選手のエンジンがかかってきて得意のフォアハンドが面白いように決まり、中でもフォアハンドのクロスが安定感抜群のうえ威力があり、試合をコントロールしていました。

デュースゲームが多かったものの第1セットは6-4で秋田選手が先取。

第2セットから徐々に本玉選手が息を吹き返す

第1セット思うようにプレーができていなかった本玉選手はフラストレーションが溜まっている様子。

第2セットも本調子ではないものの徐々にミスの少ない安定したラリーを展開し、秋田選手のミスを誘発し始めました。

積極的なネットプレーも飛び出し6-1で本玉選手が取り返し、セットカウント1-1の互角に。

この時点では勝負がどちらに転がってもおかしくない展開でした。

第3セット スコア以上の接戦。第3ゲームで9回のデュースを制した本玉選手が勝利。

第3セットも本玉選手が第1ゲーム、第2ゲームを連取。ゲームカウントを2-0に。

秋田選手はゲームを通じてアンフォーストエラーが目立ちました。これが決勝の難しさでしょうか。

3セット通じて最初の2ゲームを本玉選手が取っていたので、ゲームメイクの面でも本玉選手が一枚上手でした。

第3ゲームは一進一退の攻防が続き、デュースが9回も続きました。最後は本玉選手が得点をし、ゲームカウント3-0になりました。

結果的にはこのゲームが勝敗の分かれ目でした。秋田選手が意地を見せ1ゲームを返すもリードを守りきった本玉選手が最終セットを6-1で取り、4-6 6-1 6-1で勝利しました。

まとめ

インタビューでは本玉選手の受け答えが初々しくてコートの外では普通の20歳らしさが出てました。

目標としてITF大会で活躍することとグランドスラム出場を口にしていたので、これからも応援したいと思いました。

惜しくも優勝を逃した秋田選手は涙でインタビューを受けていて本当にこの大会に懸ける思いを感じました。

今回見せてくれた攻撃的な素晴らしいテニスができれば来年こそは優勝できると思うので来年も頑張って欲しいです。

今年の女子シングルスはトップシード、第2シードが早期敗退するなど波乱の多い展開でした。

若手もベテランも力が拮抗しているので来年も戦国時代は変わらずだと思います。

そんな中でまた新しい若手が台頭するのか、秋田選手を始めとするベテラン勢が貫禄をみせるのか今から楽しみです。

優勝した本玉選手と準優勝した秋田選手のさらなる活躍も楽しみです。

また来年も見に行きたい!そう思える素晴らしい決勝でした。