テニス

【令和版】テニスラケットのグリップサイズの選び方!基準・メリットデメリットをざっくり紹介!!

どーも!ペンギンです。

テニスラケットを買うときに気になるのがグリップサイズです。自分がどのラケットを買うか決めた後、グリップサイズを選ぶことになります。初心者の方はどのグリップサイズを選んでいいかわかりませんよね。今回の記事ではラケットを買うときに誰もが1回は悩むグリップサイズの選び方を紹介していきます。

グリップサイズは1~4の4段階

グリップサイズは4段階で各メーカーが共通で設定していて、サイズは下記の通りです。

1 4+1/8インチ 約10.5cm ジュニア・女性・男性

2 4+2/8インチ 約10.8cm 手が大きい女性・男性←筆者も2です(小柄男性)

3 4+3/8インチ 約11.1cm 大柄男性

4 4+4/8インチ 約11.4cm もっと大柄男性

グリップサイズが1上がる毎に1/8インチ約0.3cmずつグリップの周囲が大きくなります。数時で見てみるとわずかな差のように感じられますが、実際に持ってみるとグリップサイズが1変わるだけでだいぶ持ち方の感じが変わる事が感じられると思います。
最初の1本を買うときはお店で必ず持ってみて、グリップが細すぎないか太すぎないか確かめてから買うようにしましょう。細い場合には元グリップの上からグリップを巻くことで調整できますが、太いグリップを購入した場合にはそれ以上細くする調整ができないので注意してください。料理と同じでグリップも足し算であることを覚えておいてください。
筆者はグリップサイズ2で、元グリップの上から1巻きグリップテープを巻いていますが、テニス仲間からはグリップが太いという風に言われます。あくまで筆者の印象ですが、男性女性問わずまずグリップサイズ1を持ってみて問題なければ1でいいかと思います。細すぎると思ったら、2や3を持ってみて自分に合うものを選んでみてください。

細いグリップの特徴

細いグリップの特徴を紹介します。

メリット

  • グリップチェンジが容易にできる
  • 握力が疲れにくい

デメリット

  • 打った時に面がぶれやすい
  • 力が入りづらい

細いグリップの場合、プレー中にグリップの持ち方を変えるのが太いグリップに比べて容易にできます。すなわち細いグリップはグリップチェンジの多いサーブ&レシーバーやボレーを多くする選手にオススメです。また、太いグリップよりも握力を必要としないので、比較的握力のない女性やジュニアの選手も細いグリップがオススメです。
デメリットは、太いグリップと比べたときに手の中でグリップが動いてしまうことからボールを打つときに面がぶれやすいことと、手の中で余裕がある分力が入りずらい点です。

太いグリップの特徴

続いて太いグリップの特徴です。

メリット

  • 力が入りやすい
  • 面がぶれにくい

デメリット

  • 握力が疲れやすい
  • グリップチェンジがしずらい

太いグリップは力が入りやすいのが一番の特徴で、ストロークを主体にするプレーヤーにオススメです。筆者もストロークを多用することから気持ち太めのグリップサイズ2(元グリップから上に1巻き)を使用しています。力が入りやすいことから、ボールを打つときにも面がぶれにくいです。
力が入りやすいのが特徴ですが反面、握力が必要とされ、細いグリップよりも手が疲れやすいのがデメリットとして挙げられます。また、持った時に手に余裕がない分グリップチェンジが細いものと比べると少ししずらいのが特徴です。もちろん時間的に余裕があればグリップチェンジもしっかりとできるのでそんなに深く考えなくてもいいかと思います。サーブレシーブから素早いグリップチェンジをする競技者レベルでないとグリップチェンジのしやすさうんぬんは考えなくてもいいかと思います。

まとめ

まとめ

グリップサイズはそこまで深く考えなくて大丈夫。迷ったら細いものを選んで調整しよう!

いかがでしたでしょうか?細い・太いグリップの違いを簡単に説明しましたが、そんなに深く考えなくてOKです。
細い・太いの感覚は人によってそれぞれなので自分の感覚で持ちやすいものを選ぶといいと思います。元グリップの上にどんなグリップを巻くかによっても、感覚は異なってきます。グリップの説明をしてきて言うのもあれですが、グリップを変えたからといって今まで勝てなかった相手に勝てたりすることはないです。ラケットは長く使うものなので、間違ったグリップサイズのものを選ばないように気を付けるのに役立てば幸いです。最後に繰り返しになりますが、グリップサイズは料理と同じで足し算はできても引き算はできないので、迷ったら細い方を選び、グリップを巻いて調整するようにしましょう。元グリップの上から巻くのは通常1回多くても2回が限度とされています。それ以上巻いてしまうとグリップの六角形が丸くなってしまって持った時の基準がわかりずらくなってしまいます。ですので現在元グリップの上から2回巻いて丁度いい場合は、次回以降グリップサイズを上げるのも考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。令和もよろしくお願いします。