スポーツ

【新人大活躍!?】2019年プロ野球順位予想してみた!

どーも!ペンギンです。

昨年セ・リーグの広島優勝パ・リーグの西武優勝を見事予想的中させたペンギンが2019年のペナントレースを予想していく!

セ・リーグ2019順位予想

1位 広島

セ・リーグ1位は広島。磐石の体制で、緒方監督体制の元4連覇へ準備万端。昨年の優勝メンバーがほとんど残っており、FAで移籍した丸の穴は西川と巨人からFAで来た長野で埋められる模様。新戦力の上積みはないものの、二遊間の田中・菊池は健在。投手も先発から中継ぎ・抑えまで役割を期待できる選手が多い。なにより三連覇しているという自信と経験が大きい。目指すは悲願の日本一だ。

2位 横浜

2位予想は横浜。昨年ドラフト1位の東が出遅れており心配。投手陣も各年活躍する選手が替わっておりそこが心配ではあるが、今年は過去の経験を活かし、今永・石田らが良い時のピッチングができれば、優勝もあるかと。打線も筒香・ソト・宮崎らを中心に厚みがある。2番最強打者理論のソトの活躍と、筒香がキャリアハイの数字を残せれば優勝もありえる。今年ドラ1の上茶谷がどこまでやれるか楽しみだ。

3位 巨人

原監督の復権、丸・炭谷らの新加入で大いに盛り上がっている巨人だが3位予想とさせてもらった。不安材料は投手陣で、菅野・山口俊・田口が中心だが残る3枠は外国人2人が入っており未知数。打線も去年ブレイクした岡本が各球団から期待されてどの程度打てるか不安材料。丸に関しても移籍して期待がかかる中去年までの活躍ができるかどうかが鍵だろう。スター選手が多い分打線が「線」ではなく「点」に成りがちな巨人。打線が固まり、先発陣が6回まで踏ん張ることができれば打ち勝つ野球ができるのではないだろうか。

4位 ヤクルト

今年のヤクルトは打線が楽しみだ。19歳の村上が好調を維持し、開幕スタメン6番三塁で出場が決定。3番に入った山田は健在。1番坂口2番青木がどこまでやれるかがポイントになるだろう。投手陣は小川と原が中心だが、先発・中継ぎともに高齢化が気になるところ。新戦力の台頭が望まれる。

5位 阪神

新監督の矢野監督がどういう野球をするのかが期待だ。期待の若手の高山・大山・北条がどこまでやれるかが鍵になるだろう。糸井と福留の頼りっぱなしでは去年以上の結果は出ないだろう。投手陣はメッセンジャー・西(前オリックス)・ガルシア(前中日)が中心。残りを秋山・岩貞らが埋める予定。秋山・岩貞が覚醒すれば投手陣はけっこう揃っている印象。金本監督から矢野監督に替わって選手がどう変わるかが見所だ。

6位 中日

高卒ルーキードラ1根尾の加入が大きいが、昨年復活を遂げた松坂が負傷で出遅れ。打線はビシエド・大島・平田・京田が中心もやや物足りないか。投手も小笠原・大野・吉見が中心も10勝を期待できる投手が少ないため難しい展開が予想される。上位進出には高橋周・京田ら内野手の覚醒が求められる。

パ・リーグ2019順位予想

1位 西武

エース菊池、主将の浅村が抜けた穴は大きいがそれ以上に主力が充実する西武を優勝候補とした。主軸の秋山・山川・中村は健在。投手陣が若干不安だが多和田・今井・ニックらが中心。投手陣がある程度抑えれば打ち勝つことができるのが今の西武。森・外崎の活躍が鍵になってくるだろう。

 

2位 ソフトバンク

昨年日本一のソフトバンクだが選手の高齢化も進み、優勝へは疑問符が残る。内川が37歳松田が36歳柳田も31歳と主力が軒並み30歳越えだ。とはいえ、戦力は12球団一番と言っても過言ではなく、去年ブレイクした捕手の甲斐はもちろん28歳になった今宮も年々打撃が良くなっている。投手陣もサファテの出遅れが心配だが、千賀・バンデンハークを中心に東浜・ミランダらが続く。ベテランたちが昨年までと変わらぬ活躍を見せればリーグ優勝はもちろん日本一に最も近いだろう。

3位 日本ハム

今年の日本ハムは最も意外性があるチームと言っていいだろう。今年2年目となる清宮はもちろん台湾史上最高の王選手が加入し、打線の厚みが増した。成長著しい西川・近藤、それから巨人から移籍してブレイクした大田。このあたりの選手が力を発揮すれば優勝もあり得る。投手陣ではオリックスから移籍してきた金子がどこまでやれるかが楽しみだ。投手は上沢・有原が中心。適材適所でチームとしてまとまりがある。上積みはパ・リーグの中で一番。主力がケガをしなければ優勝もある。

4位 ロッテ

ロッテファンにとってはここ5年で一番期待できるシーズンではないだろうか。スーパールーキー藤原はOP戦から大器の片鱗を見せつけた。ミート力はあるので後は、どこにボールが飛ぶかだ。当たってくれば.260くらいの成績は残せるのではないだろうか。1.2番の荻野・藤岡がどこまでやれるか。HRの数は上位3チームより少なくなりそうだ。機動力を生かして相手をかき乱すことを狙っていきたい。石川・涌井のWエース、それから二木がどこまでやれるかが楽しみだ。

5位 楽天

投手は岸・則本のWエースがいるも、則本が出遅れているのが心配だ。毎年奪三振のタイトルを取ってきたエースだけに早期の復活が望まれる。打線では喉から手が出るほど欲しかった浅村を獲得。ウィーラーと浅村が打線を引っ張るも少し寂しいか。茂木・オコエの奮起、それから投手でも新戦力の台頭が待ち望ましい。

6位 オリックス

成長著しい1番宗・4番吉田、それからロメロ、メネセス、T岡田と打線は悪くない。が、投手が金子と西が抜けた穴はどう埋めるかが課題だ。山岡がこのチーム状況の中でどこまで成長できるかが鍵か。ここ最近では中々上位進出ができていないも、若手の活躍に期待したい。頓宮はその体格から放たれる鋭い打球が魅力である。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セ・リーグは広島の一強を横浜・巨人が追う展開。横浜もラミレス体制の集大成を見せてほしい。阪神もチームの雰囲気が変わって化ける可能性もある。中日は厳しいか。

一方パ・リーグは混戦。西武・ソフトバンク・日ハムのどのチームにも優勝の可能性がある。西武・ソフトバンクは去年活躍した選手が、去年通りの活躍ができるか。一方日ハムは大田・清宮らの成長が楽しみ。王選手が日本でどこまでやれるかが鍵。ロッテも平沢・安田・藤原らが楽しみ。来年に繋がるシーズンにしてもらいたい。楽天・オリックスは若手の奮起で食らいついていきたい。